にのへもんずら

「にのへもんずら」とは
二戸市の魅力や体験・食・伝統などを「まるごと(もんずら)」味わってもらおうという気持ちからつけられました。

header-monzuranews

もんずらニュース

2016年2月10日(雑記)
にのへ(浄法寺)は漆の里

木の幹につけた傷口からしみ出てくる乳白色の樹液。それが麗しい光沢を放ち、堅牢な塗料になることを、日本人は、なんと9千年も昔から知っていました。ウルシの木の樹液である「漆」。「うるわし」を語源にするとも言われています。

漆黒の光沢を放つ漆芸品は、近世になると、西欧の人々までをも魅了します。その流行は「ジャパニング」と呼ばれる模倣品が作られるほどでした。

しかし漆の歴史を知るほどに分かるのは、漆と日本人の絆の深さです。日本の風土に生まれ育つウルシは、日本の伝統文化の中でこそ『漆』としての魅力と、特性が存分に生かされてきたと言えるでしょう。

漆の里、浄法寺―。国産漆のうちの約6割を生産している浄法寺では、漆の文化を絶やしてはならないと、漆掻き職人たちがウルシの木を育て、塗師たちは国産漆にこだわった漆器を作り続けているのです。

※平成18年1月1日 旧・二戸市と二戸郡浄法寺町が合併し、新たな二戸市となる。